メニュー

経鼻内視鏡について

安日クリニックでは平成19年から経鼻内視鏡を導入しております。

経鼻内視鏡とは、“鼻から入れる胃カメラ”の事です。

従来は胃カメラを口から挿入していましたが、極細いスコープが開発されたことにより、鼻腔から挿入して胃や十二指腸を検査することが可能になりました。これが経鼻内視鏡です。

経鼻内視鏡の特徴

苦痛が少ない

今までの経口内視鏡(口からの胃カメラ)では、口からカメラが挿入されのどを通る時、「オエッ」という吐き気を感じることが多く、これが「胃カメラは苦しい」と感じる一番の原因でした。

これは、喉の奥の舌の付け根(舌根というの)部分に、カメラが触れるため起こる咽頭反射によるものです。

この咽頭反射とは無理に何かを飲み込んでしまうのを防ごうとする体の反応です。(歯ブラシを口に入れて歯を磨いているときや、風邪でお医者さんに喉を見てもらう時に舌の根元を棒で押さえられたときに、思わず『オエッ』となるやつです。)

経鼻内視鏡検査では、胃カメラが舌の付け根を通らずに、食道や胃に到達するため、咽頭反射がほとんどありません。

keibi4

 

舌根部(赤矢印の部分)に胃カメラが直接触れないため咽頭反射が起きにくい

検査中も会話が可能

口からカメラを挿入する時は、マウスピースをくわえて検査を受けるため、話す事ができずこれも検査を苦痛と感じる一因でした。

経鼻内視鏡では、検査中も会話が可能です。

質問をしたい時や、気分を告げたい時に、医師と会話ができますので、安心して検査が受けられます。

経鼻内視鏡システム

keibi1安日クリニックでは、より細く・より高解像度を実現した、オリンパス製の超細径スコープを採用しております。

(直径 5.5mm・先端 5.0mm)

 

 

通常の内視鏡の外径は約9~10mmですが、先端部の外径が約5mmと一回り細い内視鏡です。

 

経鼻内視鏡は直径5.5mmで太さがうどんの麺と変わりません

経鼻内視鏡をおすすめする方

従来の口からの内視鏡では「オエッ」となりやすい、咽頭反射の強い方

ご注意ください

鼻の病気のある方や両側の鼻腔がともに狭い方は検査ができないことがあります。
実際に検査を始めてみて、痛みを強く感じる方や鼻腔が狭い方は、
無理をせずに従来の経口内視鏡に変更させていただきます。

スコープで擦れて出血(鼻血)がみられることがあることです。(数%の割合)
鼻腔を広げ、出血を防止するために、少量の血管収縮剤を噴霧してから行うので、実際は9割の方に挿入が可能で、鼻出血が見られる方は比較的少数で、出血も自然に止まる程度です。

血液をサラサラにするお薬(ワーファリン、パナルジン、バイアスピリンなど)を飲んでいる方も、ご遠慮いただいております。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME